納品事例(セキスイハイムで紹介されたヒュルスタのリビング収納)

 


セキスイハイムで紹介されたヒュルスタのリビング収納


 

今年の初夏にヒュルスタを納品したお客様が「セキスイハイム」のホームページで紹介されています。

sekisuiheim-case1

プランニングソフト「furnplan 」で、お客様と家具のプランニングを進めていくうちに、壁付けのウォールユニットの配置に合わせて、壁の窓を設計変更したり、サイドボードを置く壁も青のアクセントウォールにしたりと、お客様にはヒュルスタの世界観を要所要所で取り入れた空間へと変化していきました。

納品したアイテムは、
hulsta
now!14 TV unit / now! CT14 center table / now!time sideboard & wall unit & wall shelf / now! homelounge madison footstool
SIKI furniture
North armchair

 

テレビボードはロータイプのnow! no.14 TV unit。
壁面いっぱいに置くことで、テレビのための家具というよりも、リビングのための家具という印象です。

sekisuiheim-tvboard-1

sekisuiheim-tvboard-2

 

リビングのもう一つの壁には、now!timeのサイドボードを。
スライディングドアなので、開口スペースも少なくて済む、使い易さ抜群のサイドボードです。
このサイドボードが収まる壁を、ヒュルスタのカタログと同じようにブルーに仕上げ、アクセントウォールとしています。

sekisuiheim-sideboard-1

sekisuiheim-sideboard-2

 

ダイニングのチェアは、もともとお持ちのYチェアに加えて、SIKI FURNICUREのユーロアームチェアとノースアームチェアを1脚ずつ。
無垢のダイニングテーブルとの相性もとてもいい感じでした。

sekisuiheim-chair-1

sekisuiheim-chair-2

 

今回お客様が建てられたセキスイハイムは、「地球環境にやさしく、60 年以上安心して快適に住み続けることのできる住まい」をモットーとしています。
ヒュルスタもバウハウスのコンセプトを継承し、シンプルでモダンなデザインは流行に左右されることなく、あらゆるライフスタイルに溶け込むインテリアを目指しています。

 

尚、お客様のインテリアがセキスイハイムのオフィシャルサイト「建築実例」にて、「何にでもなる“余白”の空間が創る広さ、ゆとり、居心地、豊かさ 東京都・O様邸」で紹介されています。
家づくり、インテリアプランの参考にしてください。