ヒュルスタのウレタンマットレスが世界最高水準の寝心地ー5つの理由

hulsta_airdream7000_newicon
快適な眠りを得ることこそが健康への近道とも言えます。
そのためにはあなたに合った寝具であることが必須条件です。

あなたの知っているマットレスは、中にポケットコイルなどのバネが入ったマットレスでしょう。このコイルマットレスの場合、硬さは平均的なもので、すべての体型の人をカバーすることはできません。まして理想の背骨のラインを作ることも難しいといえるでしょう。

ヒュルスタの考えるベッドは、このバネの入ったマットレスからバネの機能を取り出して板バネ状のウッドスプリングにし、上のウレタンマットレスと下のウッドスプリングによって、一人一人の体型に合わせた理想の背骨のラインを実現する画期的なベッドです。

ヒュルスタのウレタンマットレスには、快適な眠りのための数々の特許技術が盛り込まれています。人間工学に基づいた、理想的な体圧分散を実現するだけでなく、優れた通気性を兼ね備えています。
健康や環境に配慮した安心設計のマットレスだからこそ、最高水準の寝心地が得られるのです。

AD7000 detail

 


ヒュルスタのウレタンマットレスが世界最高水準の寝心地-5つの理由


 

 

 

目次


   高反発ウレタン

   上下の通気孔

   エアキャナル&ピラミッドキューブカット構造

   高いウレタン比重密度

   エアキャナル&ピラミッドキューブカット構造

 

 


・ウレタンマットレスの高い通気性


ベッドに求められる大切な要素の一つに、高い通気性があります。
快適に眠ることができるためには、欠かせないポイントです。

 高反発ウレタン
hulsta_airdream7000_newicon
ヒュルスタのマットレスは、ワンマテリアル。
ワンマテリアルとは、一つの素材でできているということで、ヒュルスタの場合、気密性の高い高反発の発泡ウレタンフォームを採用しています。

低反発ウレタンと違って、高反発ウレタンはその内部に含有する細かな空気の気泡を持っています。このことにより、高い通気性を得ることができます。

寝ているときの体の動きによって、高反発ウレタンは圧縮されたり、元の形に戻ったりを繰り返します。この時、ウレタン内にある空気は絶えず出たり入ったりすることで、マットレスの内部を新鮮な空気で満たします。
低反発ウレタンやラテックスマットレスは、細かな空気の気泡を持たず、結果通気性が低いため、布団の中が蒸れてしまいます。快適な眠りをえるために、ヒュルスタは高反発ウレタンを採用しています。

 

 

 上下の通気孔

hulsta_mattress_200vents

ヒュルスタの高反発ウレタンマットレスには、上下に貫通する通気孔が開いています。

空気の通り道であるこの通気孔の数は、シングルサイズのマットレスで、約200個。
マットレスの下、すのこ状のウッドスプリングが、マットレスに接地する表面積は、全体の約55%です。残りの45%は、マットレスが直に空気と触れている部分となります。
上下に貫通した通気孔にある空気は、簡単にマットレスの下から行き来することができます。そのためいつもフレッシュな状態で眠ることができます。

この上下に貫通した通気孔は、ヒュルスタのヨーロッパ特許技術となります。他社のマットレスでは得ることのできない通気性だからこそ、ヒュルスタのウレタンマットレスは世界最高水準の寝心地なのです。

 

 

 エアキャナル&ピラミッドキューブカット構造

hulsta_mattress_pyramid_cube

ヒュルスタの高反発ウレタンマットレスの表層には、縦横に走る溝が掘られています。マットレスの表層いっぱいに作られた溝は、体に最も近い部分で広く空気の層となり、常に快適な寝心地を提供しているのです。

またこの溝は三角形に掘られています。これにより、一つ一つウレタンのブロックは、逆ピラミッド型になります。マットレスに横になったとき、体のあらゆる動きに応えられるような構造となっています。このエアキャナル&ピラミッドキューブカット構造と呼ばれる特殊なカッティング技術は、ヒュルスタのヨーロッパ特許技術によるものです。
また、裏側も同じように特殊カッティングされているため、ひっくり返しても同じ効果が得られます。

これら高反発ウレタンの特性と、特許技術を用いた通気システムを持ったマットレスを、私は他に見たことがありません。人間工学に基づいた体圧分散だから、ヒュルスタのウレタンマットレスが、世界最高水準の寝心地、快適な眠りを得るための究極のベッドとなるのです。

 

 


・ウレタンマットレスのサポート力


ヒュルスタはマットレスとその下のウッドスプリングで体を支え、一人一人の体型に合わせた理想の背骨のラインを実現しています。

 高いウレタン比重密度

hulsta_mattress_vw60

ヒュルスタが採用している高反発ウレタンは、60kg/㎥という非常に高い気密性のものです。

ベッドの価格は、中身の見えない部分で決まるといっていいでしょう。 安価なウレタンマットレスは、20~40kg/㎥のウレタン比重密度のものが多いです。ヒュルスタの60kg/㎥という、一見オーバースペックとも思える気密性の高さです。しかし、一日のうち約1/3を過ごすベッドだから、長時間使っていても、へたらず長持ちするマットレスでなければとヒュルスタは考えています。経済的に見てもとても助かります。

この高反発ウレタンの弾力性と、マットレスの下で支えるウッドスプリングの弾力性が、相乗効果となって理想的な背骨のラインを実現し、快適な眠りが得られるのです。

 

 

 エアキャナル&ピラミッドキューブカット構造

hulsta_mattress_pyramid_cube

高い通気性を得るためのヨーロッパ特許技術のエアキャナル&ピラミッドキューブカット構造は、サポート力においても重要な役割を果たしています。

三角形に掘られた溝により、ウレタンのブロックは逆ピラミッド型になります。
これにより、
・一つ一つのウレタンのブロックは、体の動きに対して点で支える。
・他のブロックと連動しながら、体全体を面で支える。

もちろん、マットレスの表層いっぱいの溝は、体に最も近い部分で広く空気の層となり、常に快適な寝心地を提供しています。裏側も同じように特殊カッティングされているため、ひっくり返しても同じ効果が得られます。

 

 


・7ゾーンシステムによる体圧分散


 

good_backline

寝ているときの理想の背骨のラインは、
・仰向け時は、横から見たときに背骨のラインが、立ったときと同じS字ライン。
・横向き時は、横から見たときに背骨のラインが、頭の先まで一直線。

この状態で寝ると、体には余分な負荷がかからず、熟睡することができます。

例えば硬い床で横になると、体の重さで圧迫された箇所が痛み、体の向きを変えます。
また不自然に歪められた背骨のラインの状態で寝ていると、首の筋を違えたり、肩や腰を痛める原因となります。

 

横になったときの体の部位比重率
human_mattress_engineering

ヒュルスタは人間工学、つまりこの体の部位比重率に基づいて、マットレスを7つのゾーンに分けて体圧分散を図ります。このセブンゾーンシステムを実現するために、ウレタンのカッティングを変えています。

ウレタンの表層をよく見ると、ゾーンごとに溝の深さと間隔を変えていることがわかります。
型の部分は溝の間隔を狭め、ブロックの大きさを小さくしています。また深さも他のゾーンよりも深く掘っています。これによって、肩のゾーンは全体的に柔らかくなります。
一方、背中の部分は溝の間隔を広げ、ブロックの大きさを大きくしています。また深さも浅くすることで、硬めのゾーンに仕上げています。
こうして各ゾーンは、部位比重率に合った沈み込みが得られるのです。

そしてさらに、一人一人の体型によって微妙に違う沈み込みを、マットレスの下で支えるウッドスプリングの調整によって、理想的な背骨のラインに近づけ、安心して熟睡ができるようになります。

 

 


・清潔感を保つウレタンマットレス


hulsta_mattress_cover

 外せるマットレスカバー
ヒュルスタのマットレスはカバーが着脱式になっていて、外して洗うことができます。
もちろん自宅で洗濯できるので、安心です。

基本的にマットレスカバーを洗うことは、あまり必要ありません。何故ならマットレスにはベッドシーツとベッドパッドがあるからです。定期的にベッドシーツやベッドパッドを交換することで、いつも清潔で衛生的な状態を保つことができます。ただ、いざというときにベッドカバーを洗うことができるというのは、とても安心です。

ちなみにヒュルスタのマットレスは、湿気対策のために陰干ししたり、立てて置いて乾燥させたりする必要は全くありません。扱い方が負担にならないのも助かります。実際私もヒュルスタのマットレスを使っていますが、カバーを洗ったことは、1、2度です。

 

 テンセルカバー
ヒュルスタのマットレスカバーは、AIR DREAM smartが3Dメッシュカバー、AIR DREAM 2000、7000、8000がテンセルカバーとなります。
テンセルは、化学繊維と天然繊維の長所を併せ持つ最新テクノロジー繊維で、ユーカリを主とした木材パルプから生成されるリヨセル(再生セルロース)を使用したものです。表面が絹のように凹凸が少ないため、皮膚にとても優しく、さらっとした使い心地がとても気持ちよく、ナノレベルでの高い親水性と卓越した温度調節と、非常に強い抗菌防臭性を兼ね備えています。

テンセル
別ページでTENCELを紹介しています。

 

快適な眠りのために、ヒュルスタはのマットレスカバーは、日々進化し続けています。 

 

 

 


・環境も配慮したウレタンマットレス


hulsta_mattress_eco_image

ベッドを処分しようとしたとき、マットレスの処分費用があまりに高いことに気づかされます。それは産業廃棄物になるからなのです。

一般的なマットレスは、カバーが外れず、その中身は、金属製のバネ、ウレタン、不織布などの詰め物でできています。それを分別し、解体しなければならないため、マットレスは産業廃棄物として処理しなければなりません。

ヒュルスタのマットレスは、カバーを外すと中身はウレタンなので、もし処分することになっても簡単です。
自宅で適当なブロックに中身のウレタンをカットして、ゴミ袋に入れれば、普通に家庭用のゴミとして出すことができます。
エコ先進国のドイツならではの製品ですね。

 

 


・まとめ


ヒュルスタの高反発ウレタンマットレスが、世界最高水準の寝心地、快適な眠りを得るための究極のウレタンマットレスなのかをご理解いただけましたでしょうか。

通気性、サポート力、人間工学に基づいた体圧分散、清潔感、環境に配慮といった点が、安心して、長くお使いいただける理由です。
私も実際に、ヒュルスタのAIR DREAM(エアドリーム)マットレスを、長年愛用しています。ビジネスホテルなどのベッドで寝たときに、家のベッドがとても快適なのに気づきます。そして、今ではもう手放すことができなくなってしまいました。
間違いなく、お勧めのマットレスです。

ヒュルスタの高反発ウレタンマットレスAIR DREAM(エアドリーム)には、smart、2000、7000、8000と、4つのモデルがあります。各ページにて紹介していますので、是非ご覧ください。

 

hulsta_airdream_smart-newicon
AIR DREAM smart

hulsta_airdream2000_newicon
AIR DREAM 2000

hulsta_airdream7000_newicon
AIR DREAM 7000

hulsta_airdream8000_newicon
AIR DREAM 8000

 

 

目次


   高反発ウレタン

   上下の通気孔

   ピラミッドキャナル構造

   高いウレタン比重密度

   エアキャナル&ピラミッドキューブカット